当て皮補強/穴あき修理について

破れやすい箇所に当て皮をあてることができます

 左手の掌部分は、ちょうどグリップエンドが当たり、ショットのたびに擦れてよく穴があきます。
そのほか、親指の腹の部分も力が掛かりやすいのでよく摩耗します。
もっとも、その人のクセや握り具合、力加減にもよりますので、一概にそうとはいえませんが、、、。
 これまでの経験上よくグローブに穴を開けてしまうというお客様は、あらかじめその場所に当て皮補強をしておくことができます。
こんな注文ができるのも、オーダーメイドならでは。ご注文の際に当て皮補強をお申しつけ下さい。
1カ所400円~

当て皮サンプル

すでに使用中のグローブは補強(修理)できますか?

 手のひら1カ所破れたので次の新しいグローブを購入する、というのは、なんだかもったいないような気がしませんか。
当社製造のグローブでしたら現在ご使用中のグローブでも修理、当て革補強いたします。
生地を痛めないように糸をほどき、同じ素材で当て皮補強をし、サイズ感が変わらないように生地を再び縫いつけるという作業をします。
修理代金は当て皮補強400円+ほどき作業600円~(目安)とさせていただきます。
ぜひお問い合わせください。
(他社のグローブはメーカーに修理依頼をしてください。こちらでは現在当社のグローブのみの修理となっています、ご了承ください)

手のひらの破れの修理方法

 では実際にどのように修理を行っているのか、実際のグローブでご説明いたします。
破損箇所
一番よく穴があくのが、この丸の箇所でしょう。ちょうどグリップエンドが当たるので、擦れていって破れてしまうようです。
このぐらいの小さな穴でしたら、糸をほどかずに修理できそうです。
修理中
修理の箇所に新しい生地をのせ、そのままミシンで固定します。より強度をつけるため、糸をジグザグに走らせます。
修理完了
これで完成!
(このグローブは親指にも穴が開いていたのでそちらは縫い目をほどき修理しました)
後からの修理の場合、このように下地と新しい生地の色に差が目立ってしまうのですが、使っていくうちに目立たなくなります。
破れの部分は元通りの強度になっていますので、これでまたどんどん使っていただけます。
ちょっと破れたぐらいで捨ててしまうなんて、もったいない!
私たちとしても、気に入ったグローブを修理してでも長く使っていただきたいですね。

※この修理方法は、縫い込む周りの生地がまだしっかりしていることが前提です。
場合によってはもう少し大がかりな修理か、ご修理をお断りさせていただくこともございます。お気軽に一度ご相談ください。

指先の修理方法(糸ほどきが必要な場合)

 指先の修理の場合、もうすこし大きく修理することもあります。
破損箇所
このように指先に穴が空いてしまった場合。穴の周りも弱っているように見えます。
修理中
糸をほどき、指を裏返し、修理に必要な分だけ新しい生地を用意します。
傷んだ部分をカットし、新しい生地を継ぎ合わせます。
修理中
そのまま、サイズ感が変わらないように縫い上げ、仕上げをしていきます。


修理部分は目立ちますが、使っていると自然と汚れてきます
これで完成。指先全体が新しくなったので、まだまだ引き続きご使用いただけます。

※修理方法は、傷みの程度によってこちらで最良の方法を判断いたしますので、まずは一度ご連絡の上、現物のグローブを送付してください。

お問い合わせはこちらから

Copyright (C) arikawa.co.jp. All Rights Reserved.