特殊マイクロファイバー繊維について

ゴルフグローブの素材

 野球のグローブ用の革があっても、ゴルフグローブ用の革はなかった。
汎用の繊維素材はあっても、ゴルフグローブ専用素材はいまだかつてなかった。
ゴルフグローブ以外では使い道のないニッチな素材。そんなマニアックな素材を使っているのはオーダーメイドゴルフグローブ専門の工場だから。

ゴルフショップに売っているグローブで、合成皮革製、というとみなさんの頭に浮かぶのは
革のように表面が加工されたゴムのような素材や、車の内装でよく使われる高級素材アルカンターラのような生地ではないでしょうか。

製造業をやっていると生地屋さんによくお世話になるのですが、おおよそそういう所でグローブ用の生地を見繕ってもらうと、
上記のような素材はわりとすぐに見つけることができ、簡単に手に入ったりします。
そして、そういった素材を裁断して縫製すれば、とりあえずメーカーオリジナルのグローブができると思います。

しかし、それでは他メーカーさんとなんにも変わらないですよね。

有川革嚢工業をゴルフグローブ専門工場、と自ら呼んでいる以上、それでは満足しないわけです。

合成皮革とマイクロファイバー

 ショップで売られているゴルフグローブは、天然の羊皮を「革製」と呼び、それ以外の素材はどんなものでも「合成皮革製」と呼んで販売しているケースがほとんどです。言葉だけ聞くと、合成皮革という言葉の響きの裏になんだか安っぽい素材で、すぐに質感が悪くなっていくようなイメージを持っている人も多いと思います。

たとえばゴム系の合成皮革製のグローブだと、使っているとすぐに表面のプリントが剥がれたり、穴が開いたと思ったらそこから裂けるように破れたりと、買ってはみたもののなかなか満足のいく合成皮革のグローブに巡り合えることができなかったと思います。

ここ最近になってやっと、マイクロファイバーやナノファイバーといった繊維系のグローブが増え、少しは「合成皮革」という言葉のイメージも見直されつつあります。思ったより丈夫だったりしなやかだったりで、合成皮革の先入観を覆しよく売れているように感じます。
そのうえで製品1つ1つのばらつきが少なかったり、革のようなメンテナンスに気を遣わなくてよかったりと、グローブとして性能が良いのが本当のところ。

一部のだけ人は、こういった繊維系のゴルフグローブはむしろ本革より性能が優れている、ということを知っているのですが、あなたはいかがですか?

マイクロファイバーの特徴

 マイクロファイバー、ナノファイバー、極細繊維で云々。これらは「繊維の1本1本がとても細くやわらかいですよ」ということをさも素晴らしいかのように売り文句にしているのですが、ここである疑問にぶつかります。
「繊維は、細ければ細いほど、柔らかければ柔らかいほど良いのか?」
答えはNOです。
柔らかくてしなやかな繊維はまぁいいのですが、それだけではゴルフグローブの役割としては不十分です。
余分な力をいれずともグリップ力が発揮できる、またはその性能が長く維持できる、というのがゴルフグローブの本来の仕事のはず。

そうすると、もはや市販のグローブではソフトすぎるのです。
言い換えると、弱すぎる、の一言に尽きます。

あくまでゴルフグローブとして考えるならば、ただ薄いだけ柔らかいだけの生地では、到底いいグローブを作ることはできないのです。

有川革嚢工業の特殊マイクロファイバーはここが違う!

 では、そんな生地と特殊マイクロファイバーはどうちがうのか。
ずばり、繊維の太さと形状にその特徴があります。
最近よく見る、食器用のメラミンスポンジ、ありますよね。激落ち君の名称で売られている、あの白いアクリルスポンジです。
あれは、固めの繊維が汚れを引っ掻き繊維の隙間に汚れを取りこんでいくので軽い力で表面をなでるだけで食器が綺麗になる、という仕組みですね。
当社のゴルフグローブは、実はそのメラミンスポンジと原理が似ています。

一見、同じようなマイクロファイバー繊維でできている繊維系のグローブなのですが、
独特の固めの繊維がラバーグリップにしっかり食い込み捕まえることによって、グリップ力を発揮させます。
そんな仕事をする繊維なので、先端はするどく尖っているほうがありがたいし、繊維1本1本にハリやコシがないといけません。

ただし、かといって、ある程度柔らかくないと手袋として手になじまないので、硬すぎるのも困る。

そんなちょうどいい具合の素材なんて、市販の生地には無いんです。

だから、ゴルフグローブ専用のマイクロファイバー素材を研究し、開発したのです。

そんな特殊マイクロファイバー繊維を試してみたい

 当社グローブのカタログをお送りする際に、小さな切り見本を付けて送付いたしております。
指先でその感触を確かめてください。
その感触のまま、オーダーメイドでぴったりのグローブが仕上がるとどうなるか、想像してみてください。

グローブカタログの送付・お問い合わせはこちらから
Copyright (C) arikawa.co.jp. All Rights Reserved.