ゴルフグローブを作る職人たち

手袋の縫製には高度な技術が必要です

香川県東かがわ市からの直伝テクニック

もう50年以上前、有川革嚢工業所創業当時のことですが、私たちは直線縫いのようなシンプルな縫製はできたのですが、手袋を縫うノウハウはありませんでした。
一方、ゴルフというスポーツ自体、50年前には今ほど浸透しておらず、一部の都会でやっとはやり始めたばかりでした。
創業者である有川安男は、その当時、いち早くゴルフを習い、プレーしておりました。

その当時から付き合いのあった香川県の手袋職人さんに手袋縫製の指導に来てもらい、ここ姫路でも自力で手袋が縫えるように
すべてのノウハウをレクチャーしていただきました。
指先がぴしっと伸びた美しい手袋を作るのは技術とコツがいります。
その一方で、手袋職人さんに”ゴルフとはどういうスポーツなのか。ゴルフ手袋には何が求められているのか”を私たちが教えておりました。

その後も最新の機械やテクニック、生地の流行など東かがわ市と同じレベルで生産ができるよう常に情報を共有しております。
(東かがわ市白鳥神社にある手袋産業創始者の両児舜札(ふたごしゅんれい)師碑と棚次辰吉(たなつぐたつきち)翁銅像)

そして、ゴルフグローブを作る職人は、常に最新のゴルフ業界のことを知らなければいけない。
ファッションの流行やトッププレーヤーの意見、プロのスイングはどう違うか。力が掛かるポイントやグローブのデザインのアイデアは、
実際にプレーし、常に現場にいる人間でないとわかりにくいものです。
今度はこちらが主導になり、補強が必要な場所や指先の縫製の処理など、ゴルファーとしての意見を香川県に発信しております。
また、革の街姫路の特徴も生かして、ゴルフグローブに一番適している革の選定にも、有川革嚢工業が主導して行っております。

ゴルフグローブのスペシャリストたち

職人というとカリスマのようにも聞こえますが、本人らは表舞台に出ることをあまり良しとせず、縁の下の力持ちでありたい、と思っているようです。
ここで、長年有川革嚢工業を支えてくれている職人を少しだけご紹介します。

K氏

革の選定や裁断から縫製までを完璧にこなす。
「グローブの製造は裁断が一番肝心。もちろん縫製技術が伴っていないと裁断の意義も失われてしまう」
氏の裁断には革や生地の伸び率まで計算された繊細さがあり、あくまでゴルフをプレーすることを最優先に考え、完成品のグローブの姿形だけでなく使用感を誰よりも重視している。
裁断機を扱うその手つきは機械かロボットのように正確で、一切の迷いがない。
縫製や仕上げも自分の手で行うが、場合によっては縫製はミシンチームに受け渡して裁断の作業に徹する時もある。

K氏

グローブの全行程の縫製を担当。
ミシンを手にしてもうどのぐらいになるのだろうか。
有川革嚢工業でのミシンチームのリーダーであり、手袋の縫製では一番長い経験を持っている。
手の小さな人のグローブや指の細い人など、いわゆる「難しいグローブ」はK氏の手でなければ縫い上げられない。
もちろん、レギュラーサイズでも、お客様からお預かりした手型を見ながら見事に仕上げていく。
指先に向かってどのぐらい縫い込めばどのぐらい細くなるか。
それを何mmという数字ではなく、感覚でやってのけるK氏の縫製を真似できる人はきっといないだろう。

S氏

グローブの全行程の縫製を担当。
靴とかばん製作の業界から、手袋業界に参入。有川革嚢工業に新しい風を持ち込んだ。
メインで使う直線本縫いミシンの他に、17型腕ミシンや総合送りミシンといった複数の専用ミシンを取り扱える。
独自の経験とアイデアで、それまでの手袋作りの欠点だった行程も解決してくれるミシンチームの一人。
使う糸のメーカーや針に対しても知識が豊富で、グローブの行程ごとに最適な組み合わせを提案し、行程別でミシンを調整した。
「1台のミシンでグローブ全行程作るよりも効率が悪くはなるが、グローブの仕上がりの良さが全然違う。やるならそこまでやりたい」とのこと。
オーダーメイドだから、こだわりすぎるぐらいでちょうどいいのだ。

MITSUBISHI DY-340(工業用上下送りミシン)

もうかれこれ40年以上も働いていることになるだろうか。
未だに現役選手で、薄物から厚手の革製品まで幅広く対応できるのがこのミシン。

当社では工程別に調整されたDY-340を複数台使い分け、さらに担当の人専用にミシンを用意し、グローブを制作しています。
担当の人専用ミシンは、机の高さからペダルの踏み込みの深さ、モーターのスピードに至るまでベストの状態に調整、
まるで本人の指先のような扱いができるまでになっています。
油のなじんだミシンの音は思ったよりも静かで、大柄な機械に似つかわしくないほどの繊細な動きを見せてくれます。


上下送り直線ミシンのオーバーホールメンテナンスをいたしました。


Copyright (C) arikawa.co.jp. All Rights Reserved.