昨日は関西圏が台風21号の影響で、昼から夜にかけてものすごい雨と風が吹き荒れていました。

ちょっと用事があって外に出たのですが、その時に履いていた靴が雨水を吸ってしまい、ぐずぐずに。。

 

通常、革製品に水は絶対にNGなので、レザースニーカーを洗う、なんてのはもってのほか。

できれば雨の日にはレインシューズのようなゴム系の靴のほうが望ましいのですが、なかなかそうもいかないものです。

ビジネス用の革靴でも、水に濡れた場合は早めにケアをすればそんなに心配ないでしょうし、今回のようなカジュアル用のレザースニーカーならそこまで過敏にならなくても大丈夫です。

むしろ、どうせ濡れてしまったのだし、いっそ完全に水に漬けて洗ってしまった方が綺麗になるので、早速洗浄を開始。

紐をほどきバケツにぬるま湯に洗剤をとかし、おもむろに靴を入れます。

じゃぶじゃぶの中で古い歯ブラシで丁寧に汚れを落としたら、靴を引き上げ、綺麗な水で洗剤を洗い流します。

洗剤が残らないように完全に洗い流すのがコツです。ここまで約1時間。

中にタオルをつめて完全に乾かしたら完成!

このフレッドペリーのレザースニーカーは本革製ということで、念のため革用の保革材をさらっと塗り込んでメンテナンス終了です。

思っていた以上に綺麗になってくれました。

これでまだまだ活躍してくれそうです。