本革(羊皮)のグローブは水にぬれるとヌルヌルになって、グリップ力が落ちてすべりやすくなる、というのは以前お話したかと思います。

その点を克服して、現在の821シリーズがあるわけですが・・・

この821シリーズのマイクロファイバー(合成皮革)でも、完璧というわけではありません。

いろいろ実験していくうちにわかったことなのですが、合皮のグローブは、必ず洗濯してください!

というのも、皮脂や汗が付いたままのグローブを洗濯せずに使っていると、そのうちにやはりヌルヌルした成分が表面に広がって、結果グリップ力が落ちるようです。

洗濯して、この皮脂や汚れをとっておけば問題ありません。

余談ですが、繊細な洋服も何度も洗濯すると色が落ちたり毛羽が出たりと傷んでしまいます。しかし、だからといってそのまま洗わないで着続けると、今度は皮脂汚れで生地が傷むので、どちらかというと洗濯したほうが長持ちします。

そして、それでも落としきれないぐらいに汚れが溜まってきた時は、、、おそらくもう寿命、ということになります。

しかし、そのころにはきっとどこかすり切れる寸前ぐらいになっているのではないのでしょうか。
せっかくの気に入ったグローブ、長く使いたいですね。