発表以来、好評いただいております822オールホワイトのグローブ。

822の生地は表面がまるでヤスリのようで、クラブのグリップ面に食い込み、そしてグリップ自体を削り取ってしまうほど。

そう、このオールホワイトや821シリーズのグローブは最初こそ綺麗なのですが、すぐに汚れがついてしまうという欠点がございます。

使用後はそのまま洗濯機に入れて洗って頂ければ(その際、マジックテープ部分はちゃんと止めること)、いくらかは綺麗になりますし、汗っぽい臭いもちゃんととれます。

次回練習に使ってもよし、予備のためにバッグに入れておくのもよし。

ただ、ここ一番というときや、ちょっとピリっとした試合の時、気持ちを切り替えるときなどには真っ白な新しいグローブがいいのではないでしょうか。

ちなみに、今やりとりさせていただいているプロの方は、

「わしが汚いグローブを使ってたら、あかんやろ!笑」といって外見にも非常に気をつかっておられます。

気持ちよくプレーすること、というのはマナーや中身の話が多いのですが、文字通り、気持ちのよいスタイルでこそなのかな、と思った次第です。

暖かくなってまりしました。そろそろゴルフシーズンに突入します。

この春にそなえて、新規オーダー、お待ちしております。