左手の掌部分は、ちょうどグリップエンドが当たりショットのたびに擦れてよく破れます。
そのほか、親指の腹の部分や、人指し指の横側も力が掛かりやすいのでよく摩耗します。
穴が空く場所は、その人のクセや握り加減にもよりますので人それぞれ異なります。

よくグローブに穴を空けてしまうというお客様は、グローブを作るときにあらかじめその場所に当て皮補強をしておくことができます。

ご注文の際に当て皮補強(どこを補強するのかも)をお申しつけ下さい。

・当て皮補強1カ所400円~

手のひらがちょっと破れた=グローブの寿命というのは間違っていると思います。

使って、せっかく手になじんできたグローブは修理して使っていただくことをおすすめします。
また、修理して使える状態にした上で、予備として持っておく、という方も多いようです。
当社製造のグローブでしたら現在ご使用中のグローブでも修理や補強いたします。

修理の作業は状況によってさまざま。
おおまかには、生地を痛めないように糸をほどき、同じ色の生地で当て皮補強をし、サイズ感が変わらないように再び縫いつける。

修理代金は1カ所1000円~とさせていただきます。

ぜひお問い合わせください。

破れたグローブの修理方法

手のひらに穴が空きました

まずグローブをよく観察し作業方針を決めます。
この場合でしたら糸をほどくよりも上から生地を縫い付けたほうがよさそうです。

修理しています

修理箇所に新しい生地を置き、適当なサイズにカットし縫い付けていきます。2枚の生地がしわにならないように、また浮いてこないようにギザギザにミシンを走らせます。

修理完了

修理が終わるとまた使えるグローブに復活しました。
親指は一度ほどいて新しい生地を縫い付けて修理しました。
修理をした場所は下地と新しい生地の色の差が目立ちますが、使っていくうちに目立たなくなります。
(このグローブの修理は親指と手のひらなので1400円ぐらいです)

※この修理は、破れた穴の周りの生地がしっかりしていることが前提です。
場合によってはもう少し大がかりな修理か、修理不可の判断をさせていただくこともございます。
まずはご相談ください。

指先の修理方法(周りの生地が弱っている場合)


指先に穴が空いてしまった。穴の周りの生地も弱っているように見えます。
傷んでいるところを中心にして、指の途中まで糸をほどく

糸をほどき指を裏返し、修理に必要な分だけ新しい生地を用意します。
傷んだ部分をばっさりカットし、新しい生地を継ぎ合わせます。

そのまま、サイズ感が変わらないように縫い上げ、仕上げをしていきます。

修理完了

完成。

こちらの修理は生地が2重になっていないので厚みもほぼ変わらず。
指先全体が新しくなって引き続きご使用いただけます。
新しい部分の色も使っていく内に目立たなくなります。

※修理方法は、実際のグローブを拝見して判断いたしますので、まずは一度ご連絡の上グローブを送付してください。

修理のご依頼・お問い合わせはこちらから