今日は朝からなんだか様子が変。

日が出てて影の方向はいつもどおりなのに、薄暗いし、かといってグレーな感じの空ではない。

ラジオをつけても金環日食の話題ばっかり。おお、これが日食か。

 

そうなると、なんとか見てみたいということで、日食グラス・・・は持ってないので溶接のお面をとりだして、観察しました!

 

ばっちり!欠けてるのがよく見える!!!

日食グラスよりも透明なので、すこし明る過ぎましたが細い三日月のような太陽の形を確認することができました。

姫路の地域では完全な金環日食ではなく、ぎりぎり部分日食でした。もう少し西の明石ぐらいから金環日食が観察されたようです。

大変珍しい、それでも不思議な朝の雰囲気でした。