きっかけは、自分仕様のオリジナルモデル

通常の822の白は使い勝手もよく見た目もシンプルなので、一番多くご注文いただいております。

そんな中、糸や副資材を変えたアレンジバージョンを自分専用で作って実際に使っていたのですが、

マジックテープの革も白、刺繍糸も白、縁取りも白という全部白のアレンジがシンプルながらとても出来が良く、周りの友人や仲良しの選手の方やプロの方が次々に注文をくださいました。

そんな一部の人向けのモデルだったのですが、このまま裏メニューにしておくのはもったいない、ということで、刺繍糸を白の中でもオフホワイトを新たに発注し、刺繍を入れる革も余りものの白革ではなく、強度と見た目と色を重視したタイプの革を発注し、ようやく公に発表することができるようになったのです。

 

この革と糸を使うと、遠くから見ると真っ白なグローブで、近くで見るとなにかマークが入っていることに気がつく。よく見てみるとオーナーの名前が読める、ということで、通常の822ほど刺繍が目立つわけではありませんが、上品さをキープしつつさりげなくオーダーメイドを主張するタイプのグローブになりました。

きっかけは、ほんの小さなアイデアだったのですが、それがここまで大きく膨らみ、正式なラインナップへと昇華したのでした。