その最中にグローブの話になって。
おねえさまのグローブ、オーダーで名前が入ってたりするんだけど、その上日焼け除けのレースが付いてる!
「すごーい!」
そう、ゴルフしてると、手首のところに「線」が入りませんか?
私なんて「線」どころか、手首の骨(足のくるぶしに相当する外側の出っ張った丸い骨)の辺りだけ線が太くもなってる。
グローブとシャツの隙間が焼けるんですよねー。
で、なんていうのかな、マジックテープを留めるところに切れ込みが入ってますよね。
そこんとこだけ日焼けの線が入り込んで、日焼け部分が広がってるんですよねー。
なんかみっともないです。
そこんとこのちょっとした油断で生じる日焼けを、おねえさまのグローブはレースをつけて防止してるのであります。
すごい。
あと、破れやすい左の掌の右側のところは補強されてたり。
聞いてみるとカップルの男性の方も同じところでオーダーされてて、しかももっとデリケートな注文をされてました。
親指の先だけ外縫い。
こういう人レベルになると、親指の縫い目が内側だと気持ち悪いんだって。
なので縫い目は外に。
プロ仕様でございます。
ほー。
私なんてどんだけ破れててもあんまり気になりませんけどねー。
でもオーダーのグローブ、手形を取って自分にぴったりのができるっていう以上に、
そのグローブの耐久性と「水に対する滑らなさ性」がむちゃすごいらしい。
耐久性でいうと、一年に二枚くらいでいけるとか。
水に対する滑らなさ性に関しては、もう濡れれば濡れるほど「ぎゅっ」と締まる感じとか?
なんなら雨の日のラウンドでカッパをそのグローブで拭くくらいとか。
で、すぐ乾くから、雨が止んだら三ホール位でグローブも乾いてるとか。
ほしー。
あんまりうらやましそうに見てたんでしょうね。
カップルさんが「オーダーしに行く?」って聞いてくださいました。
お知り合いの方にオーダーされてるそう。
「行きます行きます行く行く行く行く!!!」
グローブの会社はお住まいの近く、帰り道にあるそう。
~中略~
姫路に到着。
そういえば、姫路って革製品有名でしたね。
でも今回のグローブは特殊マイクロファイバー製わくわく。
自分の補強したいところを注文時にいろいろ言って作ってもらえるから、とても期待してるのであります。
とはいっても第一作目はプレーンなものを。
手形を取って、サイズを測って注文完了。
あー早くできないかなー。
名前を入れると、落としても拾って届けてもらえる可能性が高まるってのもいいですね。
私しょっちゅうモノ落とすので。 笑

池とバンカーが苦手:盛りだくさんの土曜日

注目は左の掌右側。
傷みやすいとこなので補強したもらいました。
生地は噂通りちょっと分厚め。
しかしこれが気にならなくなるってうまい人が言うので、そうなんだろう。 笑
そして噂通りちょっと大きめ。
シワができます。
でもグリップの形をするとこうなる。
きれいに伸びてるからいいのかな。
とにかく洗濯すると縮んでフィットし、手によくなじんでくるそう。
使うの楽しみー。

池とバンカーが苦手:オーダーグローブ完成

レポート、ありがとうございました。

穴があくまで使っていただけると嬉しいです。