まだまだ暑い日が続きます。

自分をふくめ、暑いときは冷たい飲み物食べ物ばかりを採ってしまいがちです。

TVでもやっていましたが、あまり良くないそうです。

というのも、エアコンなどで体を冷やす、というのと、

冷たいもので体を冷やす、というのでは意味が違うからです。

 

前者は体の表面から、後者は体の内側から冷やすことになるんです。

内側といいますと、つまり内臓になります。

胃や肝臓が急激に冷やされるとそれだけでダメージになり、機能が低下してしまうそうです。

これが原因で体のバランスを崩すことになり、夏バテの様な症状を引き起こすそうです。

じゃあ、やめたほうがいいのか、というと、これはこれで体の熱がこもってしまい、熱中症になります。

 

ほどほどに、がベストということです。

 

ちなみに、エアコンで体を冷やしすぎるのも、ご存じの通りあまり良くないですよね。

だからといってエアコンを無しに、というのも熱中症へと繋がってしまいます。

 

暑さ対策しましょう、といわれていますが、意識して”ほどほどに”設定しましょう。