2011年3月11日午後、M9.0の大地震が日本を襲いました。

私は姫路の生まれですのでもう10年以上前の阪神大震災が頭をよぎりましたが、今回の地震の規模、そして被害の大きさはそれの数倍と聞いています。

テレビでは現地の有り様が映し出されています。

 

今の自分ができることは、正しい情報を把握すること、あちらに電力を援助する場合、こちら側の節電に協力すること、

ネットワーク、携帯通信の帯域を塞ぐような通信をさけること、もちろん自分たちができることは協力をする。

そしてなにより、日本の時を止めてしまわないためにも、通常の運転を維持しつづけることと考えています。

経済的な打撃は確かに受けることになるとおもいます。

しかし、その打撃を受けて、日本の全企業が動きを止めてしまうと、回復にすら向かわないと思います。

 

日曜日は無事皮革フェアを開催することができました。

近所の出展している会社は、どちらかというと原皮やなめした皮革を展示していました。

その中、私たちは商品を展示していたのですこし変わった展示になっていたようでした。

無事終えることをできましたことを御礼申し上げます。

ありがとうございました。