パーツを磨き、オイルを新しくして組み立てたミシンはタイミングがすべて狂った状態です。このままでは縫えませんので各部分を調整していきます。

実は弊社にはミシン屋さんから分けていただいたDY-340用のマニュアルが1冊あるのですが、これをベースにグローブ縫い用に独自の調整を施していきます。