本日出荷のグローブを仕上げしていて、ふと思いだしたことがあります。

 

グローブの工場をやっていて、上質な革を使った~という表現がありますが、じゃあどういう革がいい革なのか。

手袋産業で有名な四国の職人さんが言うには 、ゴルフグローブの場合、いい革のグローブというのは折れるグローブでないといけない とのことです。

折れるってどういうことよ、といいますとグローブを指に乗せてみて、ぺたんと2つ折りになるものがいい、という意味だそうです。

適度な厚みがある革でも、重力で折れ曲がるぐらいしなやかな革のものを見分けるための簡易テストなんだとか。

手元にグローブがある方は、ぜひやってみてください。