実はここ数日、手首が鈍くて、スイングどころかボールペンを上手く持つのも怪しい。箸もうまく持てない。

これは、、、やってしまったかしら。

筋肉痛のように、間接に負担ばかりをかけていると腱鞘炎になります。言われてみれば思い当たる節がないわけでもない。

本当は、関節に負担をかけないフォームを見つけるのがよいのですが、まずは今不具合があるこの手首をなんとかしたい。

 

ということで、年配のお知り合いの方に相談したところ、「ええもんがある」とおもむろにお灸とライターをとりだしてきて、4つほど右手首の周りに貼ってもらいました。

ヨモギのやける線香のような香りとともに、じんわり右手がしびれてくる。

ものの5分ほど、すべて焼けた頃には、心なしか手首は楽になっていました。

 

その方は音楽教室のピアノの先生なのですが、楽器をされる方も体のことに関しては気を使っているそうです。生徒さんたちにも薦めているそうです。ピアノ練習しすぎて腱鞘炎、もよく聞く話です。

 

慢性化していない腱鞘炎だと、お灸はかなり効きますね。

ありがとうございました。