さて先日、お問い合わせがありまして、革のグローブの再開はまだか、という要望でした。
申し訳ありません、まだまだ再開は難しいようです。

今、どんな状態かといいますと、
定期的に原皮(革になる前の、羊からはぎ取って洗っただけの状態のもの)をチェックして、少量のみ鞣して仕上がりをチェック→強度がまぁまぁであればグローブ用にストック、という作業をしております。

チェックに通過できるのは、今のところ2割もないぐらいです。
輸入元であるエチオピア、ギリシャもまだ改善の様子はみられません。

革のグローブの、キュッと引き締まる感じがよくてご愛用者様も多いのですが、申し訳ないのですが、まだご注文をたくさん受けられる状態ではございません。

しかし、そうやってチェックの段階で、とりあえずOKが出たものがストックとして少量ございますので、ちょっと革が弱い(特に821シリーズに慣れてしまった方にとっては・・・)のさえ目をつぶって頂けるのなら、ご相談ください。少量でしたらオーダー受付できる場合もございます。

ご希望に添えない場合もございますので、ご了承くださいませ。

また、これを期にマイクロファイバーのグローブにチャレンジしてみたい、という方はぜひご相談ください。
昔と比べるとずいぶん使い勝手がよくなっていますよ。

以上、革の様子ご報告でした。