先日電話で応対したお客様。

 

「私左利きなもんで、右手袋を注文したいのですが、大丈夫でしょうか?」

 

お問い合わせありがとうございます。

一般的に、右利きのゴルファーの方は左手にだけグローブをされることが多く、しかもそれが当然のように世間一般まかり通っているので、実は疑問に思っていたという方も多いのではないのでしょうか。

右利きの人が両手に手袋をするのはやっぱりおかしいの?

右手だけグローブをするのは、なにか不都合があるのでしょうか?

 

実は、ゴルフ手袋の起源については諸説ありどれも確実なものとはいえないのですが、最初は両手ともに手袋をするスタイルが普通だったようです。

その後スイングのフォームが洗練され、また右手の力の強さに対して左手をサポートする、という意味合いのため、もしくは、右手のコントロールを重視するため、または、2枚も手袋を脱ぎ着するのがめんどくさい(?)等々の理由から、早い段階で左手袋のみとなったようです。

 

つまり、ゴルフをする上で合理的なようにした結果の左手袋、というわけです。

ルール上、両手に手袋をしても、右手だけに手袋をしてももちろんOKです。

 

さて、上記のお客様。

有川革嚢では、左手のグローブの注文も、右手のグローブの注文も、両手のグローブの注文も承っております。

ただ、注文用紙(手の型をとる用紙)には左手のイラストが描かれていて、右手を書くスペースがありません。

右手の方は裏に手形をとってください。

 

以前は、右手のイラストも描かれた注文用紙も同封していたのですが、

ふつうに左手のグローブだけを注文するお客様が「え!?右手も描くの?」と誤解され、両手の分の型を描いてしまった例が多数あったので、その用紙を使用するのをやめました。

両手の図をいただいて、実際に作るグローブは左だけ、というのも変な話ですし、作り間違えの原因になりかねないのでこの方式でやっています。

最初のお問い合わせの答えは、

「もちろん、右手のオーダーも可能ですよ。注文用紙に右手袋希望と記載して頂き、裏面に型をとってください」