当社のグローブは大きくわけて2種類に分かれております。
合成皮革(マイクロファイバー)と天然皮革。

マイクロファイバーはいわゆる821シリーズや661シリーズに使っているものでして、
その強さが特徴です。
そして、その生地の特性である耐水性を生かした仕様になっております。

ところが、天然皮革というと、そういうわけにもいきません。
当社のラインナップでは321シリーズや76シリーズなどが該当しますが、おそらく他社のグローブでも同じでしょう。
羊革、ことゴルフグローブ用に薄く仕上げたものは繊細で、強度的にも頑丈とは言い切れません。
ちょっとした傷や繊維の密度が薄いところ、ミシンの糸目の穴からさけたり、よくグリップが当たる部分が磨り減ってしまったりと
修理も多いのがこのタイプです。

プロが使用しているグローブでも強度はかわりませんが、彼らには替えのグローブは何枚でもあるので使い心地を優先しているようです。
シープ革の握り心地は、合成皮革では再現できない気持ちよさがあります。
そして、手になじみ、プレーをより快適に確実にしてくれます。

ただ、取り扱いには注意。羊革のグローブは、丁寧に取り扱う。これが鉄則です。