いよいよこの季節がきました。

マスターズ・トーナメント、11日、米ジョージア州オーガスタ・ナショナルGCで開幕です。

9時(日本時間の22時)スタートで、やはり注目は石川遼、藤田寛之といった日本勢、そしてタイガーウッズ。

このあいだのニュース番組の特集では石川遼の腰痛についていろいろと本人インタビューがありました。

今までのような体ごとスイングするようなショットでは、腰に負担がかかり、いつかは体の故障につながってくるのですが、まだまだ若いのに腰痛、すでにどれほどの練習量をこなしているか、うかがいしれます。

で、今回は体の重心をあまりぶれさせずに比較的コンパクトに、でもボールに最大限に力がかかるようにスイングを改造し、それを武器にマスターズで戦う、という内容であった。
左右にビフォーアフターのスイング映像を並べ、同時に見てみると、たしかにたしかに。見た目の豪快さは以前ほどではないものの、むしろ精度の良さすら伺えるようでした。
社長の談ですが、
「今のスイングの方がええ。」
とのこと。

今夜から、ニュースやゴルフ情報サイトをチェックしておきたいと思います。どうなりますことやら。