朝早くにテレビ中継を見続ける生活も最終日、、、いや~~~今朝のはさすが。すごかったなぁ。

遼くんが68であがったってのもトリハダものでしたが、なんといってもすごいのがトップ争い。

最終ホールでプレーオフにもちこんだカブレラ選手。そこからのプレーオフ1回目、

そして2回目。

カブレラ選手(53)、53歳ですよ!けっこういい歳いってるんですよね。ふつうならオジサン扱いなのですが、このときばかりはカッコイイ粋なオヤジでしたね!

若いモンには負けんよって感じでしょうか。

アダムスコット選手は30代前半、まだまだ若いだけあってキレのあるスイングでしたよね。

 

プレーオフ1回目のカブレラ選手のアプローチ。そして2回目のアダムスコット選手パター。
トッププロだから当たり前かもしれないですが、ほんとものすごい実力と精神力ですよね。

あと、思ったのが、

18ホールあれば、18ホールとも調子がよい、ということは絶対ないんですね。

どこかで乱れが起きる、その乱れを最小限に食い止め、リカバーする。そこが勝負の分かれ目なんですね。

最終日の遼くんはここがすごかった。
ダブルボギーがあったにもかかわらず4アンダーで回ったというのが信じられないですね。

いやー、今日は朝からイイ試合を見せてもらいました。

グリーンジャケットを手にしたアダムスコット選手、本当におめでとう!

カブレラ選手もすばらしいゲームでした。