練習で打ったボール、もうかなり打たれていたのでしょうか。ふと見るとヒビが・・・。

せっかくだから、ということでそのボールばかりびしびし打って、ヒビを広げ、半分近くになって回収してきました。

 

そしてそのボールを、、、むりやり、、、開けてみると・・・!?

中身は・・・!?

 

!!!!!!!

そう、こんな感じになっていました。

外の硬いコーティング層の内側は、ゴム素材。それも、スーパーボールのような弾力で、いかにも反発のよさそうな感じでした。

たしか、公式ルールでは使っても良いボールにも言及されていたと思います。そのルールブックの範囲内で、いかに飛んで、いかに止まるボールを作っているのか。

メーカーの企業努力がうかがい知れます。

気に入っていたカラーボールなだけに、割れてしまったのは残念ですが、中身が見られて勉強になりました。