別の業種の方とお話する(させてもらえる)機会が増え、やはり思うのがオーダーメイドであるメリットとデメリット。

たとえばカバンなどを取り扱うお店では、世の中に星の数ほどあるカバンの中で「欲しいなあ」と思うデザインのものは、探せばきっとあるはず。

なのにあえてオーダーをする(作り手側ならオーダーしてもらう)ということはどういう気持ちなんだろうか。

そして、そうやってせっかくオーダーしていただくのなら、その気持ちに応え、期待以上のものをお客様に提供したい、と思うわけです。

どういう気持ちか、を考えてみると、自分が思うに

・その希望のデザインのものが見つからなかった。または探すのに疲れた。

・近いものはあるが自分の体格にあわせて大きく(小さく)したものが欲しい。

・(特殊な例ですが)持ち込みでこの素材を使ってほしい

という、その品物自体にたいする要求があると思います。

では、その希望がかなうのなら誰が作ってもいいのか。それは違いますよね。

つまり、

・この人に作って欲しい!

というのが実は一番大きな理由なんじゃあないでしょうか。

こうなってくると、誰でもいい、というわけにはいきません。

作り手とお客様との関係が、信頼し合っていてかつ、好みや雰囲気が一致しているという、そんな相手だからこそオーダーしようっていう気持ちになると思います。

 

当社でのオーダーメイドゴルフグローブは20年以上の歴史があります。

その間、書面だけのやりとりの方もいれば、直接来社してご意見を伺ったお客様もいます。

その長い付き合いというのが、上で言う信頼というものならば、こんなにありがたいことはありません。

その甲斐あってか、プロのゴルファーの方の間でも人気が出てきているようです。

やはり、長く続けなければ実を結ばないことだと思います。

続けるだけでなく、研究し続ける、が正しいですね。

お客様からの意見を上手く反映させていければと思います。