もう8月も終わりにさしかかってきましたが、この夏気がついたのですが、どうやら夏場はゴルフ場に行かず練習場に行く方が多いように思われます。

ラウンド中はほとんどの場合、日差しを遮るものがまったくなく、持って行ったドリンクはぬるくなってしまうし、実際熱中症の危険度がかなり高いように思われます。

その点、練習場は屋根があるし、基本的に自動販売機がすぐ近くにあるところがほとんど。ロビーは冷房が効いており、ちょっと設備のいいところだと打席レーンにもミストと扇風機で涼しくなっておりますよね。

練習場ではドライバーだけ持って行っておもいっきり打ちまくる人もいれば、普段と同じセットを持ち込み、すべてチェックする人もおりますし、苦手なクラブ数本を集中的に練習する人もいます。

この自分のペースで練習できる、というのがいいんでしょうね。

ちなみに自分はドライバーとスプーンと、あとピッチングとアプローチを集中的に練習したいのでこの四本だけを持って行くことが多いです。

ドライバーは方向があってて距離がだいたいいつも通りでていればOKにしていますが、アイアンはそうはいきません。

50ヤード、80ヤード、100ヤードの看板が出来るだけ正確なレーンに入って、そこへめがけて集中特訓!

その成果が秋にでるといいなぁ。

また涼しくなったらみなさんもラウンドへ行かれると思います。

いいスコアがでますよう、願っております。