ここまでで製品に対する「ハズレ」を引く確率はぐんと減りました。

次はいよいよ、手にあっているかどうかを見極めるポイントです。

 

自分のグローブのサイズは、ご存じでしょうか?

メーカー製のグローブでは、23センチ、24センチなどの表記がありますが、実はこの数字には大きな意味はありません。

目安として、手のひらをぐるり一週した長さを表記サイズの数字にしているケースが多いと思います。

同じ23サイズ表記のグローブだったとしても、メーカーによってサイズ感はさまざまで、実際手を入れてみるまであっているのかどうかわからない、ということがほとんどです。

 

これを踏まえて、購入前にかならず試着をしてみましょう。

ただし、小さいな、と思ったら無理をせずにサイズを1つ上げてください。

シープ製でも繊維製でも、無理に手を入れればすぐに破れます。

 

手を入れてみて、グーパーグーパーをしてみて、窮屈すぎないか隙間がありすぎないかをチェックします。

具体的には、窮屈すぎる場合は指の開閉ができないぐらい、締め付けられ鬱血するような感覚がある場合。

ぶかぶかの場合は、生地があまって指で1センチ以上つまめる場合、です。

 

その間であれば、ひとまず「そのサイズであっている」とみて問題ないと思います。

次は、もう少しつっこんだ部分に触れてみたいと思います。