前回では指の長さ方向に関するお話をいたしました。

 

もうここまでのチェックポイントをパスしたグローブは、自分にピッタリ、と判断してもよいと思います。

ただ、本当にぴったりのグローブとなるとオーダーメイドをするぐらいしか方法はないので、市販のものを急遽ゲットする場合、どこかで妥協をする必要があります。

 

いろいろ試着をした結果、

・指の長さはちょうどだが、すこし窮屈なグローブ

・指の長さはちょっと余るが、大きさがちょうどよいグローブ

の2つのパターンに行き着きます。

そのときにどちらにするべきか。

 

この場合、よほど窮屈でなければ、指の長さを優先してください。

窮屈さは、生地の種類によってはある程度伸びるので、使っているうちにちょうど良くなります。

それで駄目なら、自分で改造して緩くします。

手のひら周りの窮屈さはマジックテープの留め具合で調整できるので、指の窮屈が解決すれば、とりあえず使っていくことができます。

指の窮屈さを解消するには、それぞれの指の手の甲側にある空気穴同士をはさみで切ってつなげていきます。

空気穴がO Oと空いているとすると、そこをO-Oのように切り目を入れていくのです。

そうすることで窮屈さは解消されますし、もともと穴が空いていた所同士ですので比較的裂けにくく仕上げることができます。

1本切れ目を入れるだけでかなりゆとりができますので、窮屈な箇所を1本切ってみて手を入れてみて、それでも窮屈ならもう一本というように、慎重に作業してください。

当然ですが、切ってしまった箇所は元に戻せませんのでご注意ください。

 

 

以上、数回にわたって、急場でグローブを購入する場合のコツをお話してきました。

なにかのお役に立てられれば幸いです。