当社のお客様はリピーターの方がほとんどで、その中でも右利きの方が圧倒的に多いのですが、左利きの方も大勢いらっしゃいますので左右のどちらのグローブもオーダーできます。

その中でも、右利きなのに右手袋をオーダーする、というのが意外にも結構な件数あります。

今日はそのことについて。

 

通常、ゴルフグローブというと右利きの方は左手だけ、左利きの方は右手だけ、という風に片方だけ着用されることが多いと思います。

しかしそのルーツをたどると、ゴルフというスポーツはもともとは両手にグローブをする習慣があったそう。

その歴史の中で「利き手はグローブをしていない方が便利」だとか「より繊細なコントロールがしたい」といった理由で片手だけグローブをするようになってきたようです。

 

片手でも機能としては問題ないのですが、今あえて両手グローブをするのには理由があります。

 

一番多いのは、日焼け止めのため、という理由です。

グローブをしている手は日焼けしないので、左右で色が違ってしまうのを防ぐためですね。

グローブやラッシュガードのようなものもありますので、長袖+両手グローブや腕だけガードするようなものを併用すると便利かもしれません。

 

他の理由としては、左右のパワーバランスを整えるため、という意見がありました。

左手=パワー、右手=コントロールのように左右の役割を分担させている方には右手袋は不要なのですが、左右ともにパワーとコントロールを両立させる方は必然的に両手にグローブをすることになるでしょう。

グローブ1枚でもグリップ力がかなり変わりますので、片手だけグローブをするとバランスが崩れます。

できるかぎり左右の手の環境を整えるためにも、両手にグローブをされるようです。

 

個人的には昔ながらのスイングのイメージが染みついてしまっているので片手グローブで十分なのですが、今から始める方や自分のゴルフに行き詰まりを感じている方は試してみるとよいかもしれません。