今日は姫路相生カントリークラブでLDAA兵庫ブロック予選大会が執り行われました。

662シリーズのグローブを愛用してくださっている太田勝規プロも出場するということで、応援に駆けつけました。

ドラコンの大会のルールはシンプルで

持ち時間3分、持ち球6球で、計測範囲内で一番遠くに飛んだ距離を自分の得点とするという、いかにまっすぐ飛ばすかを競い合う大会です。

 

そんな中、太田プロはさすが!

322ヤードの記録を叩きだしました。

他のプレーヤーも思わず拍手。

 

スイングのスピードも速ければ、ボールの飛び方も全然違う。

目を凝らしていないとすぐにボールが遠くへ飛んで行ってしまい、見失ってしまいます。

 

このパワー、スピードに耐えられるグローブは確かにこの#662以外、ありえないでしょう。

 

また、競技後すぐにこのグローブについてご意見を頂けたので、さっそく工場に持ち帰ってフィードバックさせていきたいと思います。

実際に使っている人の意見や希望は本当にありがたいです。

可能な限りぜんぶ答えていきます。

刺激的な大会でした。