道具を快適に長く使っていくためには、やはりメンテナンスは必要不可欠。

今回は特に革のグローブのメンテナンス方法をお話します。

革のグローブは、その天然素材故の柔らかさや馴染みのよさ、フィーリングの良さなどに特徴がありたとえ値が張ってもそこが人気の秘訣だと思います。

通常、革のバッグや革靴、レザージャケットのお手入れというと、革用のオイルを塗り込んだり補色をしたり、防水スプレーをしたりといろいろ手順があります。
これもいろんな考え方があるのでまた別に機会を設けてお話したいと思います。

革のゴルフグローブの場合、日ごろのメンテナンスはどうするのか。

実は、革のゴルフグローブはほとんどメンテナンスができません。というのも、革はとにかく水に弱いため、むしろ水洗いなんかは逆効果です。
長く革のグローブを使うためには、まずちゃんとサイズのあったグローブを選ぶこと。無理な力がかかった状態のグローブは傷むのも早いです。その他にできることといっても、固く絞ったタオルで表面をやさしく拭き取る、使用後は指を伸ばした状態で陰干しをして汗や水分を乾かしておくぐらいしかできません。

それでも汚れや革の保湿が気になる方がいるでしょう。今回のテーマはそういった方のためのメンテナンス方法です。

原則、現状維持かつ作業は必要最小限ということ

どうしても汗や汚れが気になる、道具のケアをしたいという方も作業は必要最小限に。

たとえば、そもそも雨の日に革のグローブは使わない、というのであれば防水スプレーをする意味はないでしょう。革用のオイルだからといって必要以上に塗るのもかえって逆効果です。

メンテナンスはグローブを使った日のうちに。
作業内容としては洗浄→オイルアップという2ステップ。

まず、使用後すぐに汗や汚れがしみこまないうちに洗い流します。できるだけ早いほうが望ましいので、プレーが終わったすぐその場で洗うのが良いでしょう。18ホール目が終わった後、靴の泥を落としたらその横の水道で水洗いをする、ぐらいでちょうど良いかと思います。

革のグローブは水に弱いのであまり時間をかけず素早く洗い落してください。基本的には石鹸は使いません。石鹸を使うと汚れと一緒に革の油分も落ちてしまいます。革から必要以上に油分を抜いてしまうと強度が落ち質感も悪くなります。洗いすぎ厳禁、軽めの水洗いにとどめてください。

洗い終わったらまっすぐになるように指を伸ばして、タオルに挟んで水分を取り除きます。グローブに水がついている時間をできるだけ短く。

乾いたあとは、革の油分もなくなってカサカサしているので市販の保革オイルを塗り込みます。雨の日にも使いたいのであれば、防水性能のあるオイルを選ぶとよいでしょう。革製品専門店や東急ハンズの靴修理コーナーに置いてあります。

オイルがグローブに染み込んで馴染んでいくと元のしっとりした羊革の質感に戻っていきます。

これでも革にとっては結構なダメージを受けていますので、可能であれば同じグローブをもう1枚用意し、メンテ後のグローブを少し休ませてあげてください。2枚のグローブを交互に使うことで長く使っていただけると思います。