ゴルフグローブは洗濯するもの?

grayscale photo of washing machine

ゴルフグローブは夏の日でなくても、1ラウンドもすると手汗と汚れでびっしょりになります。

当然、このまま放っておけば雑菌が発生し臭いの原因になり、そのまま生地が変質すればグローブの寿命を縮めることになってしまうため、汚れを取り除く必要があります。
洗濯OKであれば、できるだけ洗濯し清潔な状態をキープしましょう。

ここでは大まかな方法を説明いたしますので、詳しい洗濯の仕方は各メーカーにお問い合わせ下さい。

革(シープ)のゴルフグローブの洗濯方法

まず、革のグローブの場合。

基本的には洗濯できませんので、せめて手洗いで軽く洗い流してタオルで押さえて水分をふき取り、陰干し→オイルアップという流れが基本です。
できるだけ短時間で済ませ、こすらずに水分をふき取ってください。
直射日光や乾燥機で乾かすと、革が乾燥しすぎて傷んでしまいます。
保湿・保革オイルで保護してください。

洗う際に石鹸や洗剤を使うと革の成分を変質させ劣化を促してしまうため、お奨めしません。

関連:革のゴルフグローブのお手入れ方法(メンテナンスは必要最小限に)

最小限の水洗いを終えたあとは、革用のオイルで保護します

合成皮革(人工皮革)の洗濯方法

次に、合成皮革・マイクロファイバー繊維の場合。
合成皮革、といっても種類はさまざまですので、各種メーカー推奨の方法で洗っていきます。

グローブのパッケージ等に 洗濯できます と書かれているものは洗濯機で洗濯できます。

汚れはできるだけ早く落としておく

まずはラウンド後すぐに水洗い(合成皮革の場合は石鹸で洗っても大丈夫な物が多い)しておきます。
表面についた砂や汚れはここで落としておきます。

このグローブは石鹸でごしごし洗ってください


洗い終わったらぎゅっと絞って水分を取り、帰宅後、洗濯機に放り込んでウェアと一緒に洗ってください。

この時、洗濯中にマジックテープの硬い面で他の衣服を傷つけてしまうので、しっかりマジックテープを貼り合わせて洗濯中に剥がれないようにしてください。
(手袋だけをネットに入れるのも良い方法です)

洗い終わったら吊るして乾かし、乾いたら一度手を入れて「手アイロン」をすればできあがりです。

洗濯可能か分からない場は、軽く水洗い+中性洗剤で手洗いぐらいにとどめておくとよいでしょう。

そのまま乾かして、乾いた後に型を整えます

まとめ

今お使いのグローブが洗濯できるグローブの場合は以上のことに気を付けて、いつも清潔なグローブでプレーしましょう。

有川革嚢工業のオーダーゴルフ手袋の場合、特殊マイクロファイバーは洗濯できますので洗濯機でお手軽に手入れをしてください。
ゴルフ場での水洗い→洗濯機→乾燥、の流れでOKです。

お気に入りのグローブは長く使いたいですね。